FC2ブログ

杉山博士の講演

10/28月曜日、焼津市ウェルシップで行われた
杉山登志郎博士の講演「新しい発達障害のとらえ方」を拝聴してきました。

5月にアメリカで発表された新たな基準「DSM-5」について学ぶことができ、
博士の臨床報告も併せて大変興味深く有意義な講演でした。

特に、主に虐待を原因としたトラウマとストレスが
生まれつきの発達凸凹とからみあうことが多いというご指摘に
色々と思いあたることがありました。

このトラウマを減らしていく有効な対処法があること、
ゆっくりと発達している状態は、発達「障害」ではないということは
多くの、問題を抱える家庭に勇気を与えることと思います。

今や子どもの1割以上と言われる発達障がい児の治療を
その子だけではなく、家族みんな、
学校や地域みんなの共通のテーマとしていきたいと
強く思いました。

今日も良い日でありますように。
生きる生きるの手塚あずさでした。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる