青木輝さんのこと

またステキな再会がありました。
昨日(6月10日)の静岡新聞夕刊2面です。
なつかしいお顔が飛び込んできました。
「失語症 司会でリハビリ」
「元SBSアナウンサー青木さん」
「話すことが使命」
マイクを持ったにこやかな青木輝さんが!

74才の青木さんは4年前に脳いっ血で
右半身不随と失語症になり、
大きなショックだったそうですが、
リハビリにより、
最近デイサービス施設で
「歌手当てクイズ」を始められた、という記事でした。

もう20数年前、
青木さんが作曲された曲を
私のピアノ伴奏で録音し、
何かに応募したというご縁がありました。

なつかしくて、うれしくて、
静岡新聞社に電話して、
青木さんと連絡を取ることができました。

私のことも覚えていてくださいました。

思い切って、
いつか生きる生きるのコンサートで
司会をやっていただけませんか、と
お願いしました。

はじめは、まだろれつが回らないから、と
承諾いただけなかったのですが、
お話ししているうちに
「1年、待ってください」と
言ってくださいました!
わあい!!!

教わりたいことが
たくさんあります。
近いうちにお訪ねする約束をして
電話を切りました。

一日中、うれしくてうれしくて
にこにこしていました

よーい、ドン!
もう明後日です。

明日も良い日でありますように。
生きる生きるの手塚あずさでした。

comment

Secret

No title

中学校の時、毎週、青木さんの番組にリクエストはがきを書き、覚えていただきました。
8年前、自費出版の詩集を出す時に、
帯に言葉を書いていただきました。
先日、元気に作曲していらっしゃる姿が
静岡新聞に紹介され、うれしく思い、
検索していたら、ここに来ました。
プロフィール

NPO法人 生きる生きる

NPO法人 生きる生きる

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる