FC2ブログ

「ラ」で始まった日々

私は小学校の1年生から5年生まで静岡市立富士見小学校の器楽部に入っていました。
「こどもオーケストラ」です。
特に5年生の夏休みは、午前合唱部、午後がオーケストラで、
1日の休みもありませんでした。
部屋を分かれてパート練習をして、音楽室に集まって全員の合奏が始まる時、
いつもドキドキするほど幸せでした。
「ラ」の音でバイオリンが調弦をして、
私はアコーディオンで、蛇腹の調整などして
ティンパニが低い音で調整するのが聞こえて
そして静かになります。
全員の視線が指揮者の先生に集まって、
ひとつの大きな調べになるのです。

実は私の子ども時代というのは、しょっちゅう熱を出したり、大けがをしたり、
アレルギーで通院したり、
学校帰りに通り魔事件に遭って入院したり、と
なかなか順調ではなかったのですが、
その音楽室が私のパラダイスでした。
夏休みだけでなく、毎日の放課後、練習がありました。
その音楽室の主であった、木村照三先生がいらっしゃらなかったら、
私は間違いなく不登校になっていたことでしょう。

私にもあんな音楽室みたいな楽しい部屋が作れるでしょうか。

生きる生きるの手塚あずさでした。

comment

Secret

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる